いざという時のためにカードローンを用意しておくと安心です

カードローンで賢くキャッシング

お金を借りることは良くないこと、そんな風に思いがちですが、社会人になると突然お金が入り用になったりするものです、そんな時に慌てることなくお金を用意できるようにしておきたいと思いませんか?

 

カードローンなら大丈夫です、そんな時にも慌てることなく近所のコンビニエンスストアのATMで簡単に借り入れすることができますよ!金利が発生しますが、中には30日以内であれば金利無しで借りることができる金融業者さんもあるんです。

金利は低いほうがいい

カードローンを利用する時にやはり気になるのが金利です、当然だれしもできるだけ低い金利で借り入れしたいと思います、消費者金融業者さんの自由形ローンはほとんどが同じような金利に設定されていますそのため金利で選ぶということはあまり少なくなっています。

 

もしローンでお金を借りる目的がはっきりしているのならさらに金利を下げることができます、例えばマイカーローンや住宅ローンといったようにはっきりと明確に目的が決まっている場合は銀行などの目的別ローンを利用すると低い金利でお得に借り入れすることができます。とはいってもローンカードの場合は目的別ではないため、やはり金利はどうしても高くなります、でも、いざという時のために1枚サイフに用意しておくのは社会人としてのたしなみとも言えるでしょう。

銀行系と消費者金融系のローンカード

そんなカードローンですが、これにも銀行系と消費者金融系に分かれます、自由形のローンカードの場合は銀行系でも消費者金融系でもほとんど金利は変わらないと言えます、そういった意味では決める基準としては金利以外のその他付加サービスになってきます、例えば初めてのキャッシングは期間限定で金利がかからない、簡単に借り入れや返済ができる、といった利便性もカードローン会社選びの基準になってきます。

やっぱり金利が安いほうがいい

とはいっても金利が安いほうが毎月返済しやすい、という方は最近増えているネットバンク系のカードローンがおすすめです、ネットバンクは店舗を持たない分経費が節約できるため、金利を下げたりキャッシュカードの引き出しや入金手数料が無料で行えるなど他の店舗型の銀行と比べてメリットが多くあります。その中でも金利が非常に安いローンも用意されているネットバンクも存在していますので、まずそのネットバンクの口座を開設してその際にローン契約も結んでしまえばいいのです。そうすることでキャシュカードがそのままローンカードとして使えますので1枚で2つの役割を持ちますのでカードも増えることなく便利です。

借り入れや返済の利便性

銀行系のローンカードの場合はインターネットなどで自分の口座に対して借り入れすることができます。要するに借りるためにわざわざ店舗に出向く必要すらありません、Webサイトから操作するだけで口座
に入金されますので、あとはいつも通りキャッシュカードで引き出すだけの手軽さです。

 

さらに返済もキャッシュカードで自分の口座にお金を入金しておくだけで自動的に約定返済が行われますので、借り入れ、返済どちらにしても手間いらずなのがメリットです。

クレジットカードでのローン

いざという時のためであればわざわざローンカードなんて作りたくない、そんな方はクレジットカードでのキャッシングも使えます、実はほとんどのクレジットカードにはキャッシング枠が付いています。ので、実はすでにローンカードとして使うことができるんです、ショッピング枠とは別にキャッシングの限度額も決まっていますので、一度ご自分のクレジットカードの契約内容を確認してみるといいでしょう。

 

お金を借りる